PROFILE

  • 1989年(平成元年)8月9日
  • 埼玉県出身

両祖父母の代から民謡を始め、父は津軽三味線奏者、母が民謡歌手という民謡一家に生まれ幼少の頃より芸事に勤しむ。

三味線の世界では珍しく二種類の三味線を使いこなし、津軽三味線は澤田壽仁、細三味線は笹本寿浩としても活動している。

2017年、津軽三味線発祥の地、金木町にて行われる全国大会で優勝。最高位「仁太坊賞」を受賞。2019年、東京で行われる「第22回津軽三味線コンクール全国大会」にて優勝。最高峰の大会で二冠を達成。

TV・ラジオはもちろん、その他にもjazz・jpops・演歌歌手との共演、学校公演・学校教材など多方面に渡り活動し国内公演はもちろんの事、海外公演なども多数行う。

また三味線だけでなく和太鼓奏者・歌い手としても活動しており、唄においては2000年・2008年民謡全国大会で優勝、2011年には総合優勝し、翌2012年に内閣総理大臣杯争奪戦出場など数々の賞を受賞し、その多彩な芸で観客を魅了する。